プラグインWP Custom noindex Nofollowで低品質コンテンツをSEO

更新日:

WordPressの低品質コンテンツにnoindexを設定するとサイトの品質を上げることができます。WP Custom noindex Nofollowはnoindexとnofollowを設定できるWordPressプラグインです。投稿・固定ページ、カテゴリー、タグ、カスタムソノミー、アーカイブ全体のnoidex化ができます。noindexをした方がいいページとは検索エンジンの検索結果に表示させてもユーザーが読みたいと思わないページを指します。企業のホームページでは問い合わせページとかになります。WordPressではアーカイブページ、タグなど直接情報としての価値が低めのページなどもnoindexを付加することが推奨されています。

WP Custom noindex Nofollow(SEOプラグイン)

SEO

WP Custom noindex Nofollow 公式サイト

WP Custom noindex Nofollowの詳細は開発者サイトでご確認ください。また、インストールは(開発者サイト)よりダウンロードすることになっています。

プラグインの使い方

WP Custom noindex Nofollowをインストールして有効化するとダッシュボードに noindex Nofollow と表示されるのでクリックして設定を開始します。またカテゴリーごとに設定することができるので、インデックスさせたいカテゴリとそうでないものを振り分けることもできます。noindexの設置ができるのは以下の内容です。

  • 投稿・固定ページ
  • カテゴリー・タグ
  • 日付アーカイブ
  • 投稿者アーカイブ
  • 検索結果
  • 2ページ目以降
  • 404ページ

チェックを入れると該当ページにnoindexとnofollowタグが出力されます。noindexだけを設定したいと考えられる方もいるかもしれませんが、Googleからnoindex化されたページはnofollowとして扱うことが公式に発表されています。設定後はソースを確認しておきましょう。ご利用時は他のプラグインとの干渉でうまく出力できなかったり、テーマによっては2重に出力されたりすることがあるので必ずチェックをしてください。

SEOの定番プラグインともいえるAll in One SEO Packにも同様にnoindexの設定機能があります。noindexの設定だけできればいいという方にはWP Custom noindex Nofollowの方が設定も簡単です。

SEO失敗

SEOで失敗しないためにはまず、目的を明確にすることです。失敗の例としてよく見られるのが、検索ランキングの上位表示やアクセスアップのみとなってしまい、「なんのため」(目的)という部分が明確になっていないことがあります。目的は、「見込み客を集客する」と「収益を確保する」ことです。アクセスしてくる見込み客は、自分の役に立つ情報が欲しくてキーワードを選んで検索しています。問題は表示されたページに見込み客が求める答えや情報が表示されているかどうかです。収益を確保するにはまず問い合わせを増やすこと、問い合わせ件数を増やすためには、ユーザーが問い合せしたくなるような情報の掲載と誘導がないと失敗してしまいます。検索結果の上位表示やアクセスアップが目的になってしまうと訪問者数は順調に増加していくが、問い合わせにならないといったことが発生し、結果的に失敗したと判断されがちです。

失敗を引き起こさないためには長期的・総合的視野でホームページを構築・分析・修正の繰り返すことが必要になります。この時ホームページの目的が明確になっていないと無駄な作業を繰り返すことになり、失敗してしまいます。対象とする顧客に自社のどの製品・サービスを提供するか。ターゲット顧客の悩み・問題点に、どのように対応できるのか、どのように購入・導入を検討してもらうのかを明確にします。このようにホームページの目的を明確に定めておくことで失敗しないWEBホームページが出来上がります。

SEO  SEO
SEO  SEO

-SEO

Copyright© SEO , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.